OB会組織図

青森県立八戸高等学校 硬式野球部後援会 杉門会 組織図

会計 坂本  智治(30回生) 早狩  伴朗(54回生)
役職 氏名 氏名
顧問 田名部  守(20回生) 古舘  剛浩(21回生)
会長 佐々木 俊彦(22回生)
副会長 名久井  明(24回生) 坂本  智治(30回生)
松田  太平(37回生)
理事 大久保  淳(30回生) 鈴木   稔(34回生)
若宮  佳一(37回生) 上舘  唱二(42回生)
※新任
三上  大介(47回生)
※新任
木下 正太郎(54回生)
漆戸  啓二(57回生)
監事 木下 喜代美(25回生) 久保  隆明(47回生)

 

会長 佐々木俊彦

当会の活動につき、日頃よりご理解ご協力賜り、厚くお礼申し上げます。
特に今年は創部120周年の節目ということで、次の三つの事業を行いました。
1.創部120周年記念誌の発行
2.創部120周年記念祝賀会の開催
3.トヨタ自動車野球部の現役コーチ・選手を招いての野球教室の開催
お陰様でこれら全ての事業を成功裏に終えることができました。
わがOB会の第一の目的は、もちろん現役選手の応援援助です。それと同時に伝統ある野球部OB会としてOB相互の関係を広め、そして野球のすばらしさを社会に伝えることも、大事な役目だと考えております。
今後とも皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。

監督 品田郁夫

さて、今年のチームはどんなドラマを見せてくれるだろうか?
30年高校野球に携わっている身としても最後の夏は全く予想がつかない。
たった一日でまるで別の人間、チームに変化する場合もあれば、期待感だけで終わる場合もある。高い意識を持ち、野球が好きだという思いが強く、どんな逆境においても野球を楽しみ、決してあきらめない心を持つということが「ひょっとしたらひょっとする」チームができる条件ではないかと考えている。
我々スタッフの仕事は彼らの力を信じ、見守り続けるのみである。
OBの皆様、現役諸君に、熱いエールをお願いいたします!

部長 宮重太一

今年度も部長を務めさせていただきます宮重です。
創部120周年記念、トヨタ自動車の野球教室、関西遠征と
杉門会の皆様のお陰で、本物に触れる機会を多く与えて頂きましたことを、
選手ともども大変感謝しております。
昨今の少子化の影響で毎年120名ぐらいの男子生徒が入学し、
その1割ほどが野球部に所属するような形になっております。
また、働き方改革の波が学校にも訪れ、公立普通学校、
特に超進学校には年々甲子園の壁は高くなってきています。
しかしそれ以上に高い志を持ち、
時間の壁に負けないように頑張っていきたいと思います。
今年もこれまで同様、応援ならびにご支援、宜しくお願い申し上げます。

副部長 柴田裕介

現在コメントを執筆中です。

副部長 尾形洋紀


今年度赴任して参りました61回生の尾形と申します。
教員として母校に戻り、指導できることを大変ありがたく思っています。
前任校では、部員不足のため他の部活から助っ人を借りたり、連合チームで大会に出場したりと色々と大変でした。しかしそのお陰で改めて野球が当たり前にできることのありがたさを痛感しました。
教員になり生徒を指導していく中で、指導者になり初めて気づくこともありました。そういったことをかみ砕いて生徒にわかりやすく伝えていければと思っています。
何かの縁で母校に赴任し、恩師の下で指導ができることになりました。
生徒とチームのために精一杯尽くしていきたいと思っております。
皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。