OB会組織図

青森県立八戸高等学校 硬式野球部後援会 杉門会 組織図

会計 坂本  智治(30回生) 早狩  伴朗(54回生)
役職 氏名 氏名
顧問 田名部  守(20回生)
会長 佐々木 俊彦(22回生)
副会長 名久井  明(24回生) 坂本  智治(30回生)
松田  太平(37回生)
理事 鈴木   稔(34回生) 若宮  佳一(37回生)
上舘  唱二(42回生) 三上  大介(47回生)
木下 正太郎(54回生) 漆戸  啓二(57回生)
監事 木下 喜代美(25回生) 久保  隆明(47回生)

 

会長 佐々木俊彦

当会の活動につき、日頃よりご理解ご協力賜り、厚くお礼申し上げます。
特に創部120周年の節目では、次の三つの事業を行いました。
1.創部120周年記念誌の発行
2.創部120周年記念祝賀会の開催
3.トヨタ自動車野球部の現役コーチ・選手を招いての野球教室の開催
お陰様でこれら全ての事業を成功裏に終えることができました。
わがOB会の第一の目的は、もちろん現役選手の応援援助です。それと同時に伝統ある野球部OB会としてOB相互の関係を広め、そして野球のすばらしさを社会に伝えることも、大事な役目だと考えております。
今後とも皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。

監督 品田郁夫

宮重太一部長が西高校へ転勤いたしました。
講師時代を含めると、14年間八高野球部の活動を支えると共に、
数学教師として、学力向上に努めてまいりました。
最後の年は、3学年の担任でもあり、多忙の年であったでしょうが、
彼の努力の賜物でしょう、
野球部員十一人全員が前期で国立大学入学という快挙を達成いたしました。
現役時代甲子園出場を果たしている彼とすれば、何とか後輩を連れていきたいという思いがかなわぬままの異動は、複雑なものがあるとは思います。
がしかし、上を目指してのステップであると考え、次の職場で手腕を発揮してくれることを切望しています。

相も変わらぬコロナ禍の中、部員は各々工夫しながら、
夏の大会を目指しております。
春の選抜に西高校が出場したことを良い刺激とし、
頑張ってくれるものと期待しております。

今後とも、あたたかく見守って頂ますようお願い致します。

副部長 柴田裕介

現在コメントを執筆中です。

副部長 尾形洋紀


昨年の秋、県大会出場を逃し、その悔しさをバネに練習に取り組んできました。
「出場するからには、頂点を目指す!」この気持ちを常に持ち続け、日々の練習、大会に臨みたいと思います。
少子化、スポーツの多様化の影響等で部員の確保が難しい状況ではありますが、八戸高校野球部の伝統を次世代へ引き継いでいけるよう努めてまいります。
今後ともご声援、ご支援のほど宜しくお願い致します。